Go to Top

危険な虫歯の放置


虫歯が原因となり歯が痛んでも、歯科医院には怖い・痛いといったイメージがあり、なかなか足が運ばない方もいらっしゃるでしょう。また、何の根拠もないのに、これくらいの虫歯なら問題ないだろうと放置している方も中にはいらっしゃいます。

稀に見た目は虫歯でも、無痛のままという場合もあります。痛みが無いなら歯科にかかる必要がないと考える方も少なくないようです。しかし、虫歯を放置することは非常に多くの危険がつきまといます。

【虫歯を放置すると…】

顔が腫れる

虫歯を放置してしまうと、歯が欠けたり溶けたりします。 そして最後には、その歯は死んでしまうのです。 さらに、歯が死んだ後もそのまま放置してしまうと、虫歯菌が顎の中へと入り込んでしまい、顎の骨を溶かします。そのことが原因となり、顔が腫れあがってしまうのです。

 

顎関節症や頭痛の原因となる

虫歯を放置すると、食事の際に痛みを伴うため、虫歯がない歯ばかりで噛んでしまう「クセ」がつきます。しかしそのような噛みグセは、無意識に行ってしまうため矯正することも難しく、噛み合わせを悪くする一方です。

噛み合わせが悪くなってしまうと、顎関節症を引き起こす場合があります。 額関節症になってしまうと、額関節に不快な症状が出るのはもちろん、慢性的な頭痛の原因にもなります。また、噛み合わせが悪くなると、身体のバランスが悪くなってしまい、緊張型の頭痛を引き起こす場合もあります。

 

死に至ることも…

上記でご紹介した虫歯が原因で顔が腫れる状態を、さらにそのまま放置していると、その炎症部分から虫歯菌が血液を通り、身体の中に入り込みます。血液というのは身体全体を巡っており、脳や心臓にももちろん到達します。それは虫歯菌が混入した血液も同じで、そのような血液が心臓に入ると心内膜炎や心筋梗塞、脳に入ると脳梗塞を引き起こす原因となるのです。

みなさんもご存知のように、心筋梗塞や脳梗塞というのは場合によって死に至ります。

虫歯は放置すると非常に危険なのです。そのため虫歯かなと感じたら、大丈夫だと考えずに歯科医に相談をすることが大切です。高森町で歯科をお探しでしたら、ぜひ当院にお越しください。

そうすることで、自覚の無かった歯周病などの病気の早期発見にも繋がり、歯の健康はもちろん、身体の健康を保つことが可能となります。