Go to Top

歯が黄ばむ原因について


美しく白い歯というのは、笑顔をより印象的に、そして魅力的に見せてくれるものです。

そのため多くの人は歯の白さを保つために、歯磨きをしっかりと行ったり、定期的に歯科院に通院し、ホワイトニングを受けていることでしょう。そもそも、どうして歯というのは、黄ばんでしまうのでしょうか?

【歯が黄ばむ原因】

歯が黄ばんでしまう原因には2種類挙げられます。

・象牙質
歯の表面には、エナメル質という硬組織があります。この歯の表面にあるエナメル質は、加齢や激しい歯磨きによって薄くなります。エナメル質が薄くなると、歯の内部にある象牙質が透けて見えるようになります。歯自体が白色であるため、歯全ての組織が白いと思いがちですが、象牙質というのは白色でなく、黄色っぽい色をしています。そのため、エナメル質が薄くなると歯が黄ばんで見えるのです。

人の中には、黄ばんだ歯を白くしようと力いっぱいに歯を磨く方がいらっしゃいます。しかしそのような歯の磨き方をしては、エナメル質を薄くすることになり、いつまで経っても白い歯を手にすることが難しくなります。

また、歯周病になっている場合は悪化させてしまう要因にもなるため、力を入れた歯磨きで得をすることはありません。ですから歯磨きをする際は、あまり力を入れずに優しく行うようにしましょう。

・食べ物
私達が食べている物の中には、色味の強い物が少なからず含まれています。それを幾度となく食べてしまうと、歯の表面に着色をします。それが黄ばんで見える原因となるのです。着色が起きる食べ物には、コーヒーや紅茶をはじめ、ビーフシチュー、コーラ、カレーなどが挙げられます。

これらの物には着色物質が含まれており、確実に白い歯を黄色っぽい歯にしてしまいます。しかし白い歯を手に入れるため、これら全ての食べ物を絶つのは難しいものです。ですから着色を防ぐには、色味の強い食べ物を口にした際には、水で口をすすぐようにして下さい。そうすることで、歯に色がつく前に落とすことが可能です。

歯が黄ばむのは、誰しもが嫌なものです。
そのため、歯が黄ばむ原因を知り、しっかりと対処することが大切です。
下伊那郡にお住いの方も、ぜひ上記の黄ばみの原因を知り、美しい白い歯を保つように心がけましょう。